【相談無料】なんでも労働相談!0120-154-052
メニュー

「教えてユニオニオン」労働問題どう解決するの? No.15

私は、半年ほど前から浜松市内の旅館で正社員として働いていました。
入社時には、支配人候補ということで採用され、月給25万円~30万円で残業代がつきませんでしたが、我慢すれば「支配人」になれると信じ、こつこつと働いていました。
ところが突然、社長から「支配人候補」から「仲居」に降格と告げられ、何がなんだかわからない私はさらに、その理由を聞いて唖然としました。

いまでも連合静岡ユニオンとつながっている

いまでも連合静岡ユニオンとつながっている

私は、半年ほど前から浜松市内の旅館で正社員として働いていました。
入社時には、支配人候補ということで採用され、月給25万円~30万円で残業代がつきませんでしたが、我慢すれば「支配人」になれると信じ、こつこつと働いていました。
ところが突然、社長から「支配人候補」から「仲居」に降格と告げられ、何がなんだかわからない私はさらに、その理由を聞いて唖然としました。

支配人候補から外れ お払い箱に

実は私のほかにもう1人支配人候補がいたというのです。そしてその2名を実際に働かせて試験を行い、私が支配人候補から外れてしまったというのです。
その後、給与も減額され21万円になり、挙句の果てに社長から、支配人候補に敗れたものを解雇するつもりだと言い放たれました。
そして数週間後、社長から口頭で解雇を通告され、現実のものとなってしまいました。
私は支配人候補から外れても仲居として業務をきちんとこなしており、解雇を言い渡される理由が到底見当たらないと主張しました。
さらに、ここに就職する為に、県外から旅館の寮に引越をしてきたこともあり、住居も失うことになると慌てました。

メール相談から面談へ、解決の足がかりをキャッチ

パソコンで、初めて連合静岡で労働相談が出来ることを知り、早速メールをして相談しようと決心しました。
メールで相談した内容にすぐに返事がきました。法的な部分に触れる可能性があることが丁寧に書いてあり、また助言もありました。
しかし、メールだけのやり取りだと判断がつきかねる面もあるので、一度、面談にきたらいかがでしょうかと、連絡を受けました。そして私は面談をし、直接相談することとなりました。
面談では、丁寧に聞き取り調査をしてから、解雇についてのかんがえ方や、今後の会社との対応についての注意点などをアドバイスいただきました。
口頭でのやりとりは水掛け論になることがあるので、書面にての対応や、書面の書き方も教わりました。
その後、会社と文書で何度かやりとりをしましたが、解決に至らず労働委員会の個別あっせん申請をするという結論に至りました。
初めてのことでしたので、申請書の書き方、必要な証拠書類のまとめ方などわからないことが多かったのですが、アドバイザーから丁寧に教わりながら申請をしました。
なによりも、労働委員会でのあっせんなど初めてですから不安が募りました。
ですが、労働委員会システムを詳しく教えていただき、使用者側にも労働側にもそれぞれ中立な委員が付き、それぞれの委員が当事者の話を聞き問題解決できるよう調整していただけるということで、少しずつ不安は解消されてきました。

問題解決後もユニオンとつながり続ける

労働委員会であっせん結果、解雇は撤回ということにはなりませんでしたが、会社側から残業未払い部分と解雇の賃金保障の支払いということで円満解決に至ることができました。
約3ヶ月間、ユニオンのアドバイスを受けながら、また不安になったときには話を聞いてもらったりしていました。
今現在、私は他県で就職しました。時々当時のアドバイザーに連絡をして近況報告もしています。
ユニオンにお世話になった経験を仕事に活かせるよう日々がんばっています。

「教えてユニオニオン」労働問題どう解決するの?一覧ページに戻る

労働相談窓口

労働に関するお悩み、ご相談ください。

0120-154-52

携帯電話からでもご利用いただけます。

相談受付日時:毎週月曜~金曜 9:00~17:30 ※祝祭日、年末年始、夏季休暇 除く

新着情報 労働相談ダイヤル0120-154-052 連合静岡メイト
ページトップへ