【相談無料】なんでも労働相談!0120-154-052
メニュー

「教えてユニオニオン」労働問題どう解決するの? No.11

パートから店長へ、がむしゃらに働いた日々 私は、県内のスーパーでパートとして15年前に採用されて、長い間従事してきました。 その後、店長を任命されて正社員へ登用され、店舗の責任者としての仕事を任されるまでになり、閉店後や […]

名ばかり店長の残業不払い請求

名ばかり店長の残業不払い請求

パートから店長へ、がむしゃらに働いた日々 私は、県内のスーパーでパートとして15年前に採用されて、長い間従事してきました。 その後、店長を任命されて正社員へ登用され、店舗の責任者としての仕事を任されるまでになり、閉店後や […]

パートから店長へ、がむしゃらに働いた日々

私は、県内のスーパーでパートとして15年前に採用されて、長い間従事してきました。
その後、店長を任命されて正社員へ登用され、店舗の責任者としての仕事を任されるまでになり、閉店後や休日に出勤したりして処理をするなど、時には家族を犠牲にして働いてきました。
それだけしてがんばって仕事をしてきたおかげで、私のお店は全店舗内で上位の売上を獲得するなど会社に貢献してきたつもりです。

しかし給料面では不満がありました・・・。残業手当は固定で支給されそれ以上は請求できない状況でした。また、店長手当などの責任手当は一切ありませんでした。

そんな中、信頼していたエリアマネージャーが異動して新しいマネージャーに代わった頃から、会社の雰囲気が悪くなり現場の店舗でも多少なりとも影響が出てきました。
マネージャーが店舗には顔をほとんど出さず、電話だけの指示になり、仕事上の相談にものってくれず。やっと来店の約束を取り付けても「当日、私用のためいけなくなった」と結局対応してもらえませんでした。

ストレスに押しつぶされそうになりながら

そんな日々を続けている間、すべての責任は店長の私であるところにかかってくるので、ストレスは増える一方でした。

このように精神的に不安定だったこの時期、新聞折り込み広告で連合静岡の労働相談ダイヤルキャンペーンを知り、ある日思い切って電話をし、そして面談で詳しい状況を伝えることになりました。
面談では、残業不払いに関する事や会社に対する不満も聞いて頂きました。
その時点では、「大事な家族がいるので退職についてはよく相談してください。不払い残業の請求は退職後でもできるから」というアドバイスをいただいて帰りました。

伝わらない思い・・・、退職を決意する

その後も勤務は続けていました。
そんなある日、体調を崩しながらも出勤した私に、上司からは「やる気がないなら明日にも退職してくれ」と言ってきました。私は思わず「今まで家庭を犠牲にしてまで働いているのに、そんな言い方はないしょう」と言い返しました。

このやり取りをきっかけに、私は退職を決意しました。

退職届を郵送後、本部から連絡があり受理してもらえることになり、有給休暇残を取得して退職する事になりました。

あわせてこの間に、これまでの未払い残業代の請求を行いました。あらかじめ相談員と打ち合わせをしていた計算表と請求書を郵送し会社の対応を待ちました。

未払い残業代の要求交渉へ、ユニオンの一言で吹っ切れた

しかし会社からの返答は私が請求していた金額と差があったので、この時点で個人加盟ユニオンに加盟して交渉して頂くこととなりました。

交渉には、ユニオンの役員と私、そして会社は本部の部長と上司の2名が対応しました。

店長の職務と残業に関する考え方について争点となり、両者の主張がなかなか折り合いがつかない状況が続きました。
最終的には、こちらの請求額には届きませんでしたが、会社が残業代は支払うべきであったことを認め納得できる金額で合意に至りました。

交渉の最後にユニオンの役員から、「これまで家族を犠牲にしてまで働いてきたことに対して、会社の労務管理があまりにも怠慢であることから、そのことに報いることができず、彼女は退職を決意した。その事は認識して頂きたい」と、私の思いを代弁してくれました。
この一言で私も精神的にかなり吹っ切れた感じがしました。

一人で考えていたころは、前にも後ろにも進めずただストレス溜まるだけの毎日でした。15年間、勤続して頑張った気持をわかってくれて、丁寧に対応して頂いたユニオンが、精神的に大きな支えになったことは事実です。

「教えてユニオニオン」労働問題どう解決するの?一覧ページに戻る

労働相談窓口

労働に関するお悩み、ご相談ください。

0120-154-52

携帯電話からでもご利用いただけます。

相談受付日時:毎週月曜~金曜 9:00~17:30 ※祝祭日、年末年始、夏季休暇 除く

新着情報 労働相談ダイヤル0120-154-052 連合静岡メイト
ページトップへ