【相談無料】なんでも労働相談!0120-154-052
メニュー

「教えてユニオニオン」労働問題どう解決するの? No.04

私は、県中部にある飲料水製造会社で半年契約更新の事務職として勤めていました。
仕事は一般事務他雑務をこなす毎日でした。
会社に勤めてから会社の業績が悪くなると解雇していた為、事務職員がよく変わることが分かり、いつか自分も対象になるのではとびくびくしていました。
仕事は多少ミスもしましたが、指導されたように注意をして業務を進めていました。
しかし、突然、会社の上司より明日から自宅待機してくれと命令があり、素直に従っていたところ、突然会社の労務担当会社の社労士から連絡があり解雇だと告げられ、頭の中が真っ白になりました。

強硬姿勢に一筋の光。メンタルの支えにもユニオンの力

強硬姿勢に一筋の光。メンタルの支えにもユニオンの力

私は、県中部にある飲料水製造会社で半年契約更新の事務職として勤めていました。
仕事は一般事務他雑務をこなす毎日でした。
会社に勤めてから会社の業績が悪くなると解雇していた為、事務職員がよく変わることが分かり、いつか自分も対象になるのではとびくびくしていました。
仕事は多少ミスもしましたが、指導されたように注意をして業務を進めていました。
しかし、突然、会社の上司より明日から自宅待機してくれと命令があり、素直に従っていたところ、突然会社の労務担当会社の社労士から連絡があり解雇だと告げられ、頭の中が真っ白になりました。

一方的に進められる離職手続き、ユニオンとのつながり

私は訳がわからず対応に困っていたら、会社は離職の手続きを進めだし離職票や給与に関する支払いの内容についての書類が送付されてきました。
対応に困っていた私は偶然に連合静岡の労働相談ダイヤルを知り、相談しました。
すぐに面談してもらい、今までもらった書類を担当者に見せて内容を確認して頂きました。
担当者の話では、自宅待機から、いきなり解雇というのは法的にみても違法性が強いということと、期間の途中で解雇は「やむを得ない事由」がない限りやってはならない。と言うことを教えられました。
団体交渉をして、会社の話を聞き事実上解雇に至った経緯を聞き、問題の自宅待機から突然解雇されたことについての問題を協議しましょうと提案がありました。
年の暮も迫っていたことから、年明け早々対応をしましょうと力強い返事を頂いてユニオンに加入させて頂きました。

態度を強行させる会社側、メンタルの支えにも

しかし会社側の社長の性格を考えると団体交渉に出ると脅されるのではないかとか、精神的に不安定な状態になり、メンタルな部分も何度かの面談で対応して頂きました。
団体交渉の申し入れをユニオンでして頂き、会社からの返答を待つこととなりました。
会社からの回答は弁護士を通して、「仕事が出来なかった」「お弁当発注の数を間違ちがえる」など迷惑をかけられた。指導もしたが改善が見られなかったので解雇したと返事が返ってきたそうだ。
私はとても、傷つきその気持ちを担当者に伝えました。担当者と長い時間話をさせてもらいました。私を勇気づけ、時間をかけて対応してくださいました。
会社側には弁護士がつき、連合ユニオンと団体交渉をすることになり、私は、その時新たな会社に就職をしていたこともあって、ユニオンの役員に一任をし、結果を待つこととなりました。

会社の理解が進みはじめ、前を向いていける気がした

団体交渉後「今回の解雇については、労務担当の社労士が行き過ぎた言動ややり方があったことを認めてくれた。これから和解について協議することとなったよ」とご報告を頂きました。
自分が正当な理由なく解雇されたことについて会社も認め、給与保証をして頂くかたちになり、心おきなく今の職場で従事することができるようになりました。
『一人でもはいれる組合』連合静岡ユニオンに加入した結果、解決できたことだと思っています。

「教えてユニオニオン」労働問題どう解決するの?一覧ページに戻る

労働相談窓口

労働に関するお悩み、ご相談ください。

0120-154-52

携帯電話からでもご利用いただけます。

相談受付日時:毎週月曜~金曜 9:00~17:30 ※祝祭日、年末年始、夏季休暇 除く

新着情報 労働相談ダイヤル0120-154-052 連合静岡メイト
ページトップへ