HOME > 連合静岡の活動 > 組織対策機能

連合静岡の活動

組織対策機能

職場環境向上を願う人を支え、
仕事にやりがいを、生活に充実感をもたらす労働組合

たとえば、会社と労働者という関係では、会社の方が立場的に強いというのが一般的。そのため、ひとりの社員が、雇用条件などについて社長に直談判するには、相当な勇気と覚悟が必要です。しかし、労働組合であれば、働く人の代表という立場で、雇う側と対等に話し合える「集団的労使関係」を築くことができるので、働く人の意見を、職場に反映させることが可能になります。セクハラ、パワハラといった問題をはじめ、「賃金をもっと上げたい」「長時間労働をなくして、ワーク・ライフ・バランスを実現したい」など、職場環境をより良くしたいと願う人を支え、仕事にやりがいを、生活に充実感をもたらすことができるのが労働組合です。

組織拡大

連合本部の「1000万連合の実現」に向けた方針を受け、2010年度より「連合静岡組織拡大アクションプラン」を継続して推進しています。また「組織拡大プロジェクト会議」では、構成組織と連合静岡アドバイザーチームとが連携し、組織拡大に向けた新たな活動をスタートしています。

未組織労働者対策の強化

連合静岡ユニオン

一人でも入れる連合静岡の労働組合

あなたは、職場で毎日楽しく働いていますか?解雇、法律を無視した長時間労働、残業代の未払い、有給休暇が取れないなど・・・一人で怒り、悩んでいませんか?連合静岡ユニオンは、一人でも入れる連合静岡の労働組合です。組合費は、月1,000円です。
ぜひお電話ください。

連合静岡メイト

働くあなたのレスキューネット

有給休暇がない、給料がもらえない、突然クビと言われたなど、「労働組合がないから」とあきらめていませんか?連合静岡メイトは、連合静岡が運営する働く人を守る新しい仕組みです。

社会的ミニマム運動の推進

[中小労働委員会の取組みーミニマム運動]

自分たちの賃金カーブを知ろう!

「毎月、会社からもらう自分の賃金は、他の会社に比べて高いの?それとも低いの?」って疑問に思ったことはありませんか?連合静岡は県内連合加盟労働組合の協力により、様々な条件を算出し、簡単に自分の賃金水準がわかるプログラムを作成しました。簡単な入力作業ひとつで自分の賃金水準を調べることができます。

[春季生活闘争]

春季生活闘争ってなあに?

企業の経営者と働く人で構成する労働組合は毎年新年度の社員の賃金やボーナス、処遇の改善などについて話し合います。それぞれの言い分が異なったときに交渉が始まるわけですが、それを「春季生活闘争」と呼んでいます。 毎月の給与は、定められた時間を働いたことに対する基本給や、残業手当などの所定外賃金に分けられますが、春闘では、給与の大部分を占める基本給の増額をめざして話し合いが行われています。

[安全衛生の取組み]

労働者労働災害防止と健康管理・増進のための意識と知識の向上を図るとともに、職場における取組みを推進し、命と健康を守ることで快適な労働環境の実現に取り組んでいます。
安全委員会を開催したり安全衛生大会へ参加するなどメンバーの意識喚起に務め、年に1回は労使安全衛生専門会議を開催し、現場見学など県内企業の訪問どを実施しています。

労働相談

私たち、働く人の味方です!

連合静岡に寄せられる労働相談は、賃金、有給休暇、残業代の支払いなどの労働条件に関することから、人事制度、給与体系など企業の仕組みに関することまでさまざまです。フリーダイヤルでのご相談はもちろん、県内各事務所(東部・中部・西部)の窓口でも対応しています。プライバシーは保護しますのでお気軽にご相談ください。法律的なアドバイス、働き方のアドバイス、公的機関の紹介など、相談内容に応じて問題解決に向けた支援をさせていただきます。

ホームページからのご相談はこちら

男女共同参画

連合は、「職場での男女平等」と「男女双方の仕事と生活の調和」を実現するため、労働組合における男女平等参画を目指しています。社会の仕組みを変え、男女平等な社会を実現するため、男女平等政策を策定し、その実現に取り組んでいます。

(1) 男女共同参画推進委員会の取組み

  • 男女平等月間の取組み(毎年6月)
  • 行政要望など広く社会に向けたメッセージの発信、社会運動
  • 労働組合活動への女性の参画も含め、女性の活躍推進に向けた取組み

(2) 第2次男女共同参画推進計画「アクションプラン静岡」について

連合静岡は、連合静岡ならびに加盟組織の男女共同参画を推進するため、計画を策定し、その達成に向けて取り組んでいます。

■名称
第2次男女共同参画推進計画「アクションプラン静岡」

■計画の期間
2013年10月~2020年9月の7ヶ年計画

■内容
パンフレットをご覧ください。【ダウンロード(PDF:6.74MB)】

連合静岡のめざす男女共同参画社会の理念

連合静岡がめざす「男女共同参画社会」とは、男女が対等・平等で人権が尊重された社会の構成員として、様々な分野への参画の機会が保障され、役割と責任を分かち合う社会です。それは男性も女性も誰もが働きやすく、暮らしやすい社会です。

連合静岡が男女共同参画に取り組む意義

連合静岡の社会的責任を果たすために
連合静岡は社会正義を追求し、自由、平等、公正で平和な社会をつくることを掲げています。男女共同参画を実現し、男女ともに働きやすく、暮らしやすい社会をつくることは連合静岡の社会的責任です。

多様な人々が結集する多様性と活力ある組織となるために
連合静岡は、働く者・生活者の権利を守り、その理念と政策を実現していくために、社会的影響力を高めていく必要があります。そのためには、女性や若者、非正規労働者など多様な属性、経験や価値観をもつ人々が結集して個性と能力を発揮する、多様性と活力ある組織となることが必要です。

地域社会の活性化のために
連合静岡は生活者の組織でもあります。家庭や地域でも、男女がともに責任を分かち合う男女共同参画に取り組むことで地域社会は活性化します。それは連合静岡のめざす「地域で顔の見える労働運動」でもあり、あらゆる分野で男女共同参画を進めることは、地域社会における連合静岡の存在感を高めることにもつながります。

連合静岡の3つの目標

目標1 働きがいのある人間らしい仕事(ディーセントワーク)の実現と女性の活躍促進
連合静岡は社会正義を追求し、自由、平等、公正で平和な社会をつくることを掲げています。男女共同参画を実現し、男女ともに働きやすく、暮らしやすい社会をつくることは連合静岡の社会的責任です。

目標2 仕事と生活の調和
男女が仕事と生活の役割と責任を平等に分かち合い、ともに仕事と生活の調和をはかれるようにします。特に女性の就労・就業継続のための環境整備や働き方の見直しをすすめます。
仕事と生活の調和は、仕事にゆとりをもたらし、雇用の質を高め、働きがいや生産性を高めることにもつながります。男女がともに地域や家庭に関わることは、暮らしをより豊かで幸せなものにします。

目標3 多様な仲間の結集と労働運動の活性化
性別や年齢、雇用形態などを問わず、多様な働く仲間が結集して、すべての働く者のために個性と能力を発揮する活力に満ちた労働組合をつくります。女性や若者、非正規労働者も労働運動の主体的な担い手となり、すべての働く者のための魅力ある労働運動を展開してこそ、組織は強くなり、連合の社会的影響力も高まります。

連合静岡の数値目標

第2次計画では、「3つの目標」の達成度をはかるため、3つの「数値目標」を設定しました。

●運動方針に男女共同参画推進と「3つの目標」の取組みを明記している組織を2015年までに100%とする。

●女性役員を選出している組織を2017年までに100%とする。

●連合静岡の役員および機関会議への女性参画率を2020年までに30%とする。

[ 連合静岡における女性参画率 ]

計画期間

2013年10月から2020年9月までの7ヶ年とする。

 

連合静岡 日本労働組合総連合会静岡県連合会

お電話でのご相談は0120-154-052

〒422-8067 静岡市駿河区南町11-22 TEL.054-283-0105 FAX.054-288-0105